2016/01/17

「第24回 おはなし・こみしょう」

「縁起良く
 2016年のこみしょう始めは、正月魚から」
~海人族の理想の地 西伊豆の鰹文化と暮らしを知る。~

2016年こみしょうのスタートは、魚のお話から。
今回は、魚を保存する知恵から生まれた塩蔵や乾燥の
お話とそこで生まれた食文化のご紹介です。
皆様のご参加をお待ちしております。

今回は、縄文時代からカツオとともに生きてきた街・伊豆の田子で伝統的な手火山式焙乾製法を継承し、昔ながらの手仕事を守り続けている
カネサ鰹節商店の芹沢安久さんのお話です。

芹沢さんは、田子ならではの風土や食文化を次代へつなげる活動を通し、地域を元気にするために様々な取り組みをされています。

カツオで繁栄した街・田子では、カツオ船が消えた今でも
人々の暮らしには、四季折々のカツオ料理が欠かせないそうです。
今回は、その中でも田子でしか作られなくなってしまった
「潮鰹(しおかつお)」をご紹介いたします。
カツオとともに生きる街の独特なカツオの食べ方を
様々な切り口で芹沢さんにお話いただいた後、
田子の潮鰹・かつお節を皆で味わいながら、
食べ手のみなさんと楽しく語らう時間を持ちたいと思っています。

当日は、全国各地の郷土料理・郷土寿司を現地に赴いて
学び、その食文化を伝える精力的な活動をされている
酢飯屋の岡田大介さんにお料理をご用意していただきます。
http://www.sumeshiya.com/
島国・日本で暮らしているからこそ、知っておきたい
日本古来の魚の保存食の魅力。その美味しく、新しい食べ方の発見があるかもしれません。

皆様のご参加をお待ちしております。

「第24回 おはなし・こみしょう」
 

「縁起良く
 2016年のこみしょう始めは、正月魚から」
~海人族の理想の地 西伊豆の鰹文化と暮らしを知る。~

日 時 2016年 2月 13日(土)11:00〜13:30頃 *10:30受付
場 所 HAPON新宿      
  〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-4-4 武蔵ビル5F
http://hapon.asia/shinjuku //
定 員 40名 (定員になり次第締め切ります)
参加費 3,500円(潮かつおの軽食付き)
話し手
 
カネサ鰹節商店 五代目 芹沢 安久さん
        (西伊豆しおかつお研究会 会長)
          http://homepage2.nifty.com/kanesa16/
お申込み お名前、ご職業、メールアドレス、連絡先電話番号を明記の上、お申込フォーム かFAXにてお申込みください。
申込締切 2016年 2月 5日(金)

こめみそしょうゆアカデミー事務局
URL : www.komisyo.jp
E-mail : okami@komisyo.jp
電 話 : 090-7305-1545
FAX : 03-5856-7467


ホームへ先頭へ前へ戻る