2014/10/7

「第22回 おはなし・こみしょう」
「カンボジアで胡椒を育てて、
    運んで、売って、つなぐ」
~世界中の人から
  ”胡椒は、カンボジア!!”と
         言われるために~

胡椒づくりを通じて、カンボジアの産業を育成し、世界中にカンボジアの魅力をもっと広めて行きたいという思いをじっくり聞いてみませんか。

今回は、おはなしこみしょう初の海外からのゲストです。

「海外からのゲスト」とご紹介しましたが、
お話しされるのは、カンボジアで現地の人々とともに、
地域の宝である《世界一豊かな香りを誇る胡椒》を
私たちに届ける取り組みに尽力している日本の方です。

KURATA PEPPER Co.Ltd. (クラタペッパー)の倉田 浩伸社長は、
カンボジア・コッコン州スラエアンバルで地元の人々と共に、
胡椒農園を経営しています。
カンボジアの胡椒は、中世から1960年代まで
「世界一おいしい」と言われていましたが、
長く続いた内戦により畑は壊滅し、生産量は激減してしまいました。

倉田さんは、カンボジアの胡椒がもう一度「世界一おいしい」と
呼ばれることを目指し、カルダモン山脈の麓で1997年より、
現地の人々とともに、カンボジアの農家に伝わる
自然農薬・自然肥料を使った伝統的な農法に
こだわって、胡椒栽培から加工・販売までを手掛けています。
2011年1月、倉田さんと現地の人々が作る胡椒は、カンボジアの
農産物では初となる、カンボジアオーガニック農業協会の
「国内オーガニック認定」を取得しました。

倉田さんの活動は、胡椒づくりを通じて、
カンボジアの産業をこれからも育成し、
世界中にカンボジアの様々な魅力をもっと広めて行きたいという
強い思いが込められています。

当日は、カンボジアの美味しい胡椒づくりと現地の農業や
人々の暮らしぶりなど、倉田さんのお話を聞きながら、
カンボジア胡椒の香りや風味・味わいをたっぷりご賞味いただくために、
神楽坂で古民家を再生し9月にオープンしたばかりの
「Maison de Tsuyuki」の村上様のご協力で、
カンボジア胡椒の魅力と新しい可能性を引き出すお料理を
ご提供させていただきます。

秋の夜長、少し懐かしく心安らぐ空間で、倉田さんのお話を聞きながら、
胡椒の香りと味わいを楽しみ、カンボジア胡椒のファンのすそ野を
拡げたいと思っております。

皆様のご参加をお待ちしております。

「第22回 おはなし・こみしょう」 満員御礼
*おかげさまで満席となりました。

「カンボジアで胡椒を 育てて、運んで、売って、つなぐ」
~世界中の人から”胡椒は、カンボジア!!”と言われるために~

日 時 2014年 11月13日(木)18:30~21:30頃 *18:15受付
場 所 Maison de Tsuyuki  (メゾンド露木)
  〒 162-0832 東京都新宿 区岩戸町22番地       
http://www.tsuyuki.tokyo/

定 員 30名 (定員になり次第締め切ります)
参加費 5,000円
(胡椒を楽しむお料理とお飲み物付き)
内 容 ゲスト:クラタペッパー 倉田 浩伸 さん
    プノンペン・バンケンコン
    胡椒専門店『KURATA PAPPER』
    http://www.kuratapepper.com/
お申込み お名前、ご職業、メールアドレス、連絡先電話番号を明記の上、お申込フォーム かFAXにてお申込みください。
申込締切 2014年 10月31日(金)

こめみそしょうゆアカデミー事務局
URL : www.komisyo.jp
E-mail : okami@komisyo.jp
電 話 : 090-7305-1545
FAX : 03-5856-7467


ホームへ先頭へ前へ戻る